2011年09月07日

食事療法の治療法

食事療法の医学的治療法としては、食事療法と薬物療法を併用するのが一般的だとされています。
けれど、昨今はなるべくなら薬を使わずに、日常生活を徹底する事による食事療法に重きを置くドクターも増えつつあると言われていますよね。
というか、実際問題食事療法は、年代によって大きく左右されるほど甘いものではなかったんでしょうね。
そういう意味で、食事療法のサポートの一環として薬が用いられるのではないかと私は思います。
実際、ステロイド依存症になってしまったために、食事療法が困難になる患者さんもいらっしゃるようです。

食事療法のサポートをしてくれるステロイド剤ですが、やはり使用する患者側も、ある程度正しい知識を持って使う必要性がありそうですね。
炎症を軽減する効果が非常に高く、痒みや腫れを効率良く抑えてくれるところから、外用剤には多く用いられていますよね。
私たち素人考えで行動すると、とかく逆のパターンを取り勝ちなのですが、この辺りが医師の立派なところなんでしょうね。
が、しかし、最も重要なステロイド剤の使い分けの目安となるのはその使用期間、基本的に強い物を長期間使う事は避けられています。
食事療法の一環として医師が使用するステロイドは、副腎皮質ホルモンの事で、もともと私たちの体内でも生成されている物質です。
そういう部分も含めて、食事療法とその医学的治療法に関する情報サイトやブログを今一度読んでみる必要性がありそうですね。
それだけ、食事療法は親も子も大変な事なのでしょう。
ですから、いくらいい薬を使って痒みや肌荒れを抑えても、食事療法をしない限りは、一時しのぎにすぎず、根本的解決にはならないという事なんですよね。
昔はよく、大人になって体質が変わればアトピーも軽減するとか、治るとかなどと言われていましたが、今はそうでもないようです。
ですから、食事療法をスタートさせた初期の段階に強いステロイドを一気に使用し、徐々に弱いステロイドに移して行くというのが一般的なようですね。
けれど、子供がアトピーを持っているとか持っていないとかというのは別にして、人間産まれ持った体質を変えるというのは並大抵の事ではありません
posted by トリトン at 12:28| 病気にならない食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。